1000万円相当の銅線盗まれる

7月18日午前、茨城県の建設現場にて、長さがあわせて2100メートル、1000万円相当の銅線ケーブルが盗まれているのが見つかりました。
18日午前7時半前、茨城県阿見町の大型物流倉庫の建設現場で、「銅線が盗まれた」と出勤してきた建設会社の関係者から110番通報がありました。
警察によりますと、盗まれたのは送電用の銅線ケーブル7本で、長さはあわせて2100メートルにもなるとのこと。
しかもそのお値段、驚くことに1000万円相当に上るということです。
この現場では、今年4月にも銅線ケーブル1700メートルが盗まれたということで、警察は今回も窃盗事件として捜査しています。