ブラジル、地元市民はオリンピックどころではない

この夏のオリンピックは、ブラジル・リオデジャネイロで開催される。あと5ヶ月となったが、ブラジルでは市民の生活に問題が起きているという。
例えば、大都市サンパウロには、富裕層がタクシー代わりにヘリコプターが使えるサービスがあり、わずか2年前は10機が常に稼働しているほどの盛況だった。しかし現在業者は「客は2年前の半分に減りましたよ。ヘリも売ったし、パイロットも減らしました」と話す。
原因はブラジル経済の悪化にある。オリンピック開催が決まった2009年は、まさに経済成長を遂げる最中だったという。
経済状況は一転し、2015年はマイナスになった。大都市でもシャッターが閉まったままの店が増えたそうだ。
さらに、オリンピック開催にも影響が出ている。会場への移動のかなめとなる地下鉄の工事現場は、工事にあてる資金が足りず、作業が遅れ一部区間は建設が断念されそうなほど。
専門家によると、国民の心理状態にも変化が出ているとし、ブラジル経済専門のトレンゴウゼ教授「ブラジル国民の気分は、ワールドカップほど高まっていません。失業率は高くなり、経済成長率も悪いですから」と話したという。
とある市民は失業から月収が5分の1に減り、「昔は日曜に家で夕食なんてありませんでしたよ。いつも外食でしたから。娘の将来が、いまの私たちより良くなっていることだけ願っています」「オリンピックは、賛成ではありません。生活に何の変化も、もたらしません」「オリンピックなど気にかけていません。考える余裕もありません」と話した。
市民が、ほぼその日暮らしのような生活を送るなか、はたしてオリンピックは開催できるのだろうか・・・。

機内にお医者さまは不要に?

航空機内の「ドクターコール」が、今後、必要なくなるかもしれません。
日本医師会は2月3日、日本航空と会見を行いました。
今回の会見では、機内で急病人が発生した際、医師が速やかに応急処置できる制度を国内で初めて提携をし、今月の15日から運用するとしました。
この制度は、日本医師会が発行する、ICカードの情報を医師が日本航空のホームページで事前登録することによって、不測の事態が起きても、客室乗務員が座席を把握し、直接、協力を求めることができるというもの。
日本航空では、年間およそ360人の急病人が飛行機内で発生しているといいます。
日本医師会は、「多くの医師にこの制度を活用してほしい」と呼びかけています。