自動運転車「五輪まで実用化」

安倍首相は4日、京都市内で開催された、科学技術をテーマとする国際会議でスピーチをし自動運転車の実用化について官民一体で取り組む決意を表明しました。
安倍首相は、「東京五輪・パラリンピックがある2020年の東京には、自動運転車が走り回っている。皆さまに使っていただけるだろう。」とし、開発促進に全力を挙げる考えを改めて強調した。
安倍首相は2年前に国会周辺の公道で自動運転車を試乗したことを紹介した。
「公道を走る自動運転車の初のドライバーとなった。将来日本の歴史は私を記録にとどめるだろう」と自我自賛した。
自動運転車は、カメラなどで収集した周囲の状況を認識し走行する。
安倍首相は、自動運転に不可欠な高機能地図の開発について、「日本には世界をリードしてほしい」と訴えた。