フェンシング太田、初の金メダル

ロシアのモスクワでおこなわれている、フェンシングの世界選手権は16日、森永製菓所属の2008年北京オリンピック銀メダリストの太田雄貴選手が男子フルーレ個人で初の金メダルを獲得した。
日本選手がオリンピックを含めて、世界大会で優勝したのは今回が初めてとなる。
太田は2010年、世界選手権の3位以来、5年ぶりに表彰台へ上がった。
太田は準々決勝にて、2012年ロンドン五輪金メダリスト、中国の雷声に勝ち、メダル獲得を決めた。
そして、準決勝にてアメリカのゲレク・マインハートを15-9で破り、決勝では、アメリカのアレクサンダー・マシアラスを15-10で破った。
太田は団体で銀メダルを獲得したロンドンオリンピック後に休養し、一昨年に復帰し、仁川アジア大会の団体で、日本に40年ぶりの金メダルをもたらした。