とんかち

皆さんはとんかちと金づちの違いについて知っていますでしょうか?

一般的には同じようなものと考えられてますが、とんかちは石やレンガなどを砕くために使われるもので、先が横一文字になっている方を割りたいものにあてがって、平らになっている方を金づちで叩いて割るのが正しい使い方だそうです。金づちは釘を打ったり物を叩いたりするのに使う道具。

また、「げんのう」というものもあり、本来金づちは釘を打つもの、げんのうはのみを叩くものだったそうで、それが行動されてしまったそうです。げんのうは片面が平ら、片面が少し膨らんでいるもののようです。

回転寿司

気軽に、その安さから、ふと立ち寄りたくなるのが回転すし屋。

今は、一皿100円と、気軽に食べることができて、

サイドメニューの揚げ物、デザートなども充実しているので、ついつい一緒に頼んでしまう。

最近では280円でラーメンを提供する店まであり、

回転ずしのレーンを使って流れてくるラーメンはなんとも愉快だ。

しかもそのラーメンは意外と美味しいから驚きだ。

また、とにかく安いので、子供を連れて家族で行くのも気軽に行くことができる。

子供もまわるお寿司に大はしゃぎだ。

次々と進化していく、回転すし産業、今後はどのようになっていくのか楽しみだ。