モンキーターン

モンキーターンとは、競艇における旋回(ターン)法の一つ。ボートの上に前傾姿勢で立ち上がり、舟の外側を蹴るように回る。外側に荷重がかかって通常のターン(落としマイ)よりも高速旋回が可能になり、従来の膝で体重を支える乗り方よりも膝への負担が軽くなったとされる。

対義語に地蔵乗りと言う旋回法がある。

モンキーターンの使い手としては、植木選手が特に有名だろう。

後にモンキーターンという名前の競艇漫画も出てきた。

 

ライフラインの色々な使い方

元は英語で「命綱」の意味だが、日本では主にエネルギー施設、水供給施設、交通施設、情報施設などを指して、生活に必須なインフラ設備を表す語としても疲れれている。

現代社会においては、電気・ガス・水道等の公共公益設備や電話やインターネット等の通信設備、圏内外に各種物品を搬出入する運送や人の移動に用いる鉄道等の物流機関など、都市機能を維持し人々が日常生活を送る上で必須の諸設備のことを指す。

アメリカでは、自分の住まいで日常生活を送っている高齢者や病人が、突然具合が悪くなったり身動きが取れない事態に陥った際、自分自身で緊急に救護施設を呼び出す電話サービスや設備、もしくはサービスを行う会社名を言う。また、身動きが取れない状態でどのようにして呼び出すことができるのかを揶揄したパロディやジョークとして用いられることがある。