難病の現実 注射1本130万円

患者数が極度に少なく、これまで支援の手が届かなかった難病患者を救おうと、厚労省は27年1月の導入に向け、新制度の法制化を急いでいる。

「症状を抑える薬があるのに、お金の問題であきらめてしまう。これほど残酷なことはない」と訴える。平成23年には別の治療薬「イラリス」が国内で承認を受けた。1日1回の投与が必要だったアナキンラに対し、イラリスはおおむね1カ月に1回で済む。ただ、患者が少なく薬の希少性が高いため、1回の注射にかかる費用は約130万円。高額療養費制度が使えるとはいえ、定期的な接種が与える負担は小さくない。

 

新薬に対して、日本の厚生労働省の認可が遅いというのを以前から聞くことが多い。

海外で開発された薬だからなのか、それとも国内で開発されても同様なのか。

その点は詳しくわからないが、認可が遅いということが話題になるのは知っている。

新薬が速く認可になれば、この患者のように高額な負担をしなくてよくなるのは間違いない。

その理由の全てが認可が遅いせいではないと思うが、理由の一つになっているのは間違いないだろう。

これまでにも問題にされていることなのだから、問題点を改善していただきたいものです。

新薬認可の件はさておき、このような難病治療について興味があり、実際に取り組んでいる病院への転職を考えている看護師の方、転職するとお祝いをもらえる看護師転職サイトもありますので看護師 祝い金を参考に職探ししてみてはいかがでしょうか。

 

難病長期入院の優遇廃止を中医協に提案

厚生労働省は20日、重症患者向けの入院病床削減策として、難病や重度の身体障害を抱える患者を長期入院(90日超)させても病院の収入が減らない優遇措置を廃止する案を厚労相の諮問機関、中央社会保険医療協議会(中医協)に示した。患者を長期入院させた病院は収入が減るため、難病や障害を持つ患者らが退院を迫られる可能性がある。
優遇措置の廃止対象は、「入院患者7人に看護師1人」と看護師の配置基準が最も手厚く、診療報酬も最高額の「7対1」と、それに次ぐ「10対1」の重症患者向け病院。

 

この記事は、なんでこんなに中途半端なんだろう。

事実は事実として伝えるのはいいが、なぜ今回のような優遇措置を廃止にするのか、どういった影響があるのか少しは開設してほしい。

病院が収入が減るのはわかるし、そのため患者が退院させられるというのもわかるが、そんなのは書いてなくてもわかりそうなものだ。

まぁ、それはそれとして、これはどうにか対処できないものなんでしょうかね。

看護師が不足しているということも関係あるのでしょうか?

どう考えても患者にとっていい制度ではない。

ただ、実際にこの優遇措置がなくなったとしても、難病や障害を持つ患者の対応をしていきたいと考えている看護師の方、下のサイトを参考に職場を探すといいでしょう。

>>看護師 求人 好条件

勤務時間内の喫煙「1日何回、何分以内」なら許されるのか?

職場内の分煙が進むにつれ、受動喫煙はかなり防止されるようになった。にもかかわらず、タバコを吸わない社員からさらなる不満が噴出している。

 

今は、職場での喫煙といえば喫煙所で吸うのがほとんどでしょうからね。

煙草を吸わない人からしたら休憩ばかりしてずるいってことになりますよね。

喫煙者としたら色々と言い訳するでしょうけど、あくまでも言い訳であって説得力はない。

本当に喫煙者には肩身の狭い世の中になりましたね。

どこでも自由にタバコが吸えたあの頃が懐かしい。

とはいえ、今は吸いませんけど。

そんな肩身の狭い思いしてまで吸わなくていいです。

元日本ハムの投手 宮本容疑者逮捕に社長お詫び

日本ハムは12日、元投手で球団職員の2軍マネジャー宮本賢容疑者(29)が強姦(ごうかん)などの疑いで逮捕されたことを受け、津田敏一球団社長が声明を発表した。以下の通り。
「職員が逮捕されたことは大変遺憾であり、重大な事態と認識しております。ファンの皆さま、スポンサー・出資企業の皆さま、関係者の皆さまに多大なるご心配とご迷惑をおかけしましたことを深くおわび申し上げます。今後事実関係を確認し、その結果を踏まえて厳正に対処いたします」

 

とのコメントを発表したそうだ。

球団としては、職員の不祥事なので謝らなくてはいけないのかな?

強姦をするかどうかなんて予見できない。

そもそも、学校にしても、ましてや会社で社員に「強姦するな」なんて教育や指導はしないよね。

謝るのもわからないではないが、なんともね。

まったく困ったものですね。

カーチスHD、店舗間リレーション強化などによる買取台数増加で増収増益…2013年9月中間決算

カーチスホールディングスが発表した2013年9月中間期の連結決算は営業利益が前年同期比155.9%増の6億4800万円と大幅増益となった。
売上高は同22.0%増の167億0300万円と大幅増収となった。中古車買取事業は店舗間リレーションの強化や社員教育の徹底などの効果で、取引台数、取引単価が前年を上回ったため。買取台数は同8.5%増となった。
収益では増収やコスト削減効果で経常利益は同155.3%増の6億5800万円と大幅増益となった。
当期純利益は同180.1%増の5億4400万円だった。
通期業績見通しは前回予想を据え置いた。

 

トヨタは予想を上回り、2兆2千億円の利益が出るとニュースで見た。

そもそもトヨタと比較してはいけないのだが、トヨタのニュースを見た後だと少なく感じてしまう。

カーチスはカーチスで前年度と比較すると大幅な増益なのだから立派である。

新車販売だけでなく、中古車も好調ということだろう。

日本経済も活性化してきた証拠かも。

車を売るならカーチスで売るのもいいが、その前に下に紹介するサイトを参考にしてみてはいかがでしょうか。

>>自動車買取相場を知るためのポイント | 高く売るには?